Copyright (C) GARTEN All Rights Reserved.

2019年NEXTWEEKENDスタッフ募集 【営業/広報職・正社員編】

2019/04/26


※募集を終了させて頂きました。
たくさんのご応募誠にありがとうございました。



こんにちは。

NEXTWEEKEND(以下、NW)で
営業マネージャー・広報を務めている、川島文乃です。
 

 (似ているということで、あだ名はジミニークリケットです。)

 

この度、タイトルの通り

NWを生かし、支える「営業/広報」という職務において

正社員募集をすることになりましたので

私から、色々とお伝えしていきたいと思います。

少し長くなりそうですが、ご興味あられる方

どうぞ最後までお付き合いいただけたら嬉しいです。

 

 

前提としてご一読いただきたいこと

 

本題に入っていくその前に、

NWについて改めてご説明したいと思います。

 
NWのキーコンセプトは「季節の楽しみと、小さな工夫」。


それをもって理想の生活を叶える人を増やす、ということがミッションです。
 

それを達成し続けるために、日々ウェブを更新し、動画を作り、雑誌を作り、イベントを開催し…、と、かなり柔軟に変化をしながら走り続けてきています。
 

また、直訳すると「次の週末」を意味するNEXTWEEKENDですが、
単に週末の情報を配信したいということではなく、
「いつか」と思っていることって、案外「次の週末」にできるんだ…!という、
誰かの理想の生活を現実にしたいという思いでコンテンツを作っています。
 

絵本の中みたいな大きなケーキを焼くことだって、
ずっとスクラップしていた旅先だって、
ちゃんと自分の野心に向き合ってみると、
案外できちゃうことって多いと思うのです。
 

どうやっても他人の生活が輝いて見えてしまうSNS時代に、
改めて、それぞれが自分の中にある野心を見つけるきっかけで在りたいな、と、つくづく思っています。
 

 

そして、私たちのコンテンツによって こんな思いをもってほしい、こんな人たちと一緒にメディアを育てたいということを、改めて言語化し10個にまとめてみました。

 


 

1. 自分らしい選択がしたい

2. 花の名前を知っておきたい

3. 旬の食材を使いこなしたい

4. 感性の合う人と繋がりたい

5. 家族の時間を大切にしたい

6. ひと手間加えたい

7. 写真も言葉も、伝え上手になりたい

8. 自分の小技を身に付けたい

9. ふるさとを大切にしたい

10. 好きなものに囲まれて暮らしたい

 


おそらく今までも分かってはいたけど、言語化したことによって、こういう気持ちを持った方達が、私たちが大切にしている「季節の楽しみと小さな工夫」に対して共感してくれるんだよね、と妙に納得することができました。

 

私たちは社員数10人にも満たない小さな組織なので、要所要所、きちんと言葉で共通認識を持ち、共感し合って前に進んでいくことが とても重要なのです。

 

 

NEXTWEEKENDの「営業」の仕事内容

 

さて、本題に入っていきます。

NWは、「コミュニティ」であり「メディア」であり、「ブランド」。

 

NWに関わる人たちに、

WEBや雑誌、店舗といった様々なメディアを介して

ブランドとしての価値を提案し続けること

そしてまた少しずつ、そのコミュニティを拡げ

新たな文化を作っていくこと、が

私たちのミッションです。

 

SNSで1人1アカウント以上が当たり前になったこの時代に

住んでいる地域や学校、職場など物理的な場所に捉われず

「価値観」で人と繋がり、居場所を作っていくことは

息をするようにごく自然なこと。

 

NWは、立上げから今まで一貫して

「価値観・ストーリーから理想のライフスタイルを提案し、コミュニティを作ること」を

大切にしてきました。

 

#週末野心 130,000件

#E朝 92,000件

#カスタマイズエブリデイ 228,000件 …

 

これらは提案するコミュニティの一部に過ぎませんが

今なおこの瞬間も更新され続けるこの数字たちに

参加してくれる方々の想い、熱量が込もっていると感じます。

 

この熱量を、

課題を抱えた企業や自治体と引き合わせ、コミュニティを作り

双方に意義のあるコンテンツを生み出していくこと

 

それがNWの営業の仕事です。

 

メディアの広告営業、と一口にいっても様々な形があると思いますが

うちの営業は、提案する内容に

決まった形が一切ないと言っても過言ではありません。

コンサルのような気持ちで クライアントの課題に寄り添って

前例の有る無しに拘らず、自分たちに出来ることを絞り出して

それがきちんと見てくださる方々の役に立つことも考えて

都度、プランニングをしています。

 

しかも、常に最低15以上の案件が並行して動いている状況。
 

 (自ら山奥に取材に行き、モデルを虫の脅威から守ることだってあります)

 


正直、決して簡単なことではありませんし、結構頭を使います。(体力も)

怠けようと思おうものなら一瞬でボロが出ます。

 

でもね、

これが本当に楽しいんです。

 

決まった枠を決まった金額で売るよりも

「今、何が求められてるんだろう」

「どんなやり方をしたら見ている人に伝わるだろう」と

常に感覚を最新の状態に保ちながら

パートナー企業と共に新しいことに挑戦できる。

 

普通に生活している中で、世の中を見る目もどんどん変わってきます。

私自身、広告営業として社会人7年目

ガルテンに入ってからは約3年が経とうとしていますが

今までずっと、新しいものを吸収し、アウトプットして

成長し続けられている、という実感があります。

それって決して当たり前ではなく、

幸せなことだよな、としみじみ思ったりします。

 

 

 

広報も兼務しています

 

兼務、なんていうと大変そうにも感じられますが

営業も広報も、その本質は「自分たちの価値を誰よりも理解した上で、相手にとって有益な情報に換えて発信し、届けること」だと思っています。

相手が誰なのか、というちょっとした違い。

 

NWが生み出すものが量・質ともに少しずつ進化している中で

「広報」という立場でそれを発信し、広めていくことの重要性も

年々、増していると感じています。


それを肌で感じ、代表の村上に自己申告して始めたのが

去年の秋に立ち上げたTwitterアカウント。
 

 フォロワー数がすごく多い!などとは到底いえませんが

始めるやいなや、同業の方々向けの勉強会に登壇者として声をかけていただいたり

誰もが名前を知っているようなメディアで取材をしてもらえることになったりと

会社として、今まで持てていなかった外部との繋がりが確実に生まれています。

 

 (先日、講演会に立たせていただいた時の様子。)

 


私たちを信じ、広告プロモーションを任せてくださるクライアントのためにも

NWのコンテンツ作りに力を貸してくださる沢山のパートナーたちのためにも

少ない人数で、一人一役のなんちゃら海賊団みたいに

それぞれが奮闘しながら頑張っている社内メンバーのためにも

 

自分たちの良いところをきちんとお伝えしていく、という広報業務は

これからも強化していかなければならない、重要なタスクのひとつです。

 

 

この仕事のやりがい

 

やりがいだらけのこの仕事ですが

私が特に幸せを感じているポイントは、こんな感じ。

 

●NEXTWEEKENDというメディアのブランド力・コミュニティ力を活かし

 枠にとらわれない自由な企画提案ができる。

(WEB・紙・イベント・商品開発など 課題解決のために提案できるソリューションがたくさんある)


●生み出したコンテンツがファンの生活を豊かにし、かつ会社に利益をもたらせる。


●日本を代表する大企業から地方自治体まで、幅広いクライアントの役に立てる。

本当にジャンルが多岐に渡るので、自らの視野も広げることができる。


●少ない社員数の中、大きな責任感を持って仕事ができる。

(弊社最大の収益源は広告プロモーションによるもの。正真正銘、会社を支えています)


●企画力、編集力、トーク力など幅広いスキルが身につく。


●社長直下、直接コミュニケーションをとりながら業務にあたることができる。


●互いに尊敬し合える愛しい仲間たちと働ける

(うちの会社には、一人も意地悪な人がいません!)

 

一緒に働いていく中で、どんどんと新しいやりがいを見つけたり作り出したりしていけたら最高ですね。

 

 

応募前に見て欲しい事例

 

どんな課題に対して、どんな考えでプランニングをし、取組みを作っているのか

ほんの少しですが、始めたばかりのiPadも使いながらまとめてみたので
応募前にご覧ください。

 

事例① Canon PIXUS / #今日の小仕事

 

 

 #今日の小仕事 特設ページ

 



事例② ナチュラルアイランド / #花勉強

 企画ローンチ記事

ライブ配信の告知記事

アンバサダーの活動まとめ記事(一部)

 

 

事例③ 北海道観光振興機構 / #DiscoverHokkaido
 

「冬の北海道の魅力を届ける取材ツアーを敢行してほしい」というクライアントのお題に対し、コンテンツパートナーである「Weekender編集部」の女性たちに対して“旅のしおりコンテスト”を実施。
 

応募多数の中から1案を採用し、本人たちとともにツアーを行ったユニークな事例。
 

ターゲット層女性が“本当に、今したいこと”が詰まった唯一無二のアウトプットとなりました。

 

企画説明記事

取材記事(一部)

 

 

 


募集要項


―募集職種・人数

営業 兼 広報業務を担当する正社員1名

 

―基本の仕事内容
<営業・広報共通>

●提案業務(ヒヤリング〜企画提案〜受注まで)

●受注後の案件進行

…制作物のクオリティコントロール、クリエイティブディレクションを含む

…場合によっては自ら記事を書いたり、アンバサダーとのやり取りを仕切ることも。

●売上/原価の管理


<広報>

●コーポレートサイトを中心とした情報発信

●勉強会・講演会への登壇

●取材対応

●(たまに)イベントMC ※これはできなくても大丈夫です!笑

 

―求める条件、スキル

●Microsoft Word/Powerpoint/Excelの基本的なスキル、資料作成能力

●データ分析(数字を見て、現状や課題を読み解く力)

…一から表を作成し必要な情報を収集・分析できる能力

●企画力

…NEXTWEEKENDの価値・特性を理解し、誰かの役に立つコンテンツを生み出す力。

 すぐには難しくても、諦めずにインプットとアウトプットを繰り返せる方。

●想像力・危機管理能力

…先回りして状況を読んだり、相手の気持ちに寄り添って考えられる力。

●対人コミュニケーション力

…社外はもちろん、社内も。

●基本的なビジネスマナー

 

―募集期限

特に締切を設けませんが、ご連絡をいただいた順に

選考を進めて参りますのでご了承ください。

 

―応募方法

以下をメール添付にて送って下さい。
 

・顔写真付き履歴書

※SNSのアカウントがあれば履歴書にご記入下さい。

・ご自身が過去携わった仕事に関する資料など(あれば)

※そのプロジェクトにおいてどのような役割を果たされたかも明記ください。

 

【メール送信先】

hello@nextweekend.jp

※なるべくメール添付での応募が望ましいですが、難しい方は郵送でも構いません。

 

【郵送先】

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前3丁目42-11ローザビアンカ105号室

株式会社ガルテン 採用担当宛て
 

※郵送で送って頂いた履歴書等はお返し致しかねます。

頂いた書類は全て当方で責任を持って破棄させて頂きます。

 

 

―選考フロー

  • 書類審査(履歴書ご提出)

  • 営業マネージャーとの面談→課題提出

  • 代表との面談

  • 社員面談

  • 代表・営業マネージャーとの最終面談

 

 

新しい、素敵な出会いを心待ちにしています。

不明点、質問などある方は、下記までお知らせ下さい。

 

問合せ先:hello@nextweekend.jp

※件名に【営業職応募・質問】と入れて頂きますようお願い致します。

 

 

 

ちなみに…

以前インターン募集の際に、代表の村上自身が

NWというコミュニティメディアについて、

そこで働く人材に求めることについて

思いを込めて書いた文章がありますので

まだ読んだことのない方は、是非こちらも見てみてくださいね。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

RECENT NEWS
Please reload

CATEGORY
Please reload

ARCHIVE
Please reload